インターネットバンキングとは

昨今インターネット上の取引でよく目にするのがインターネットバンキングです。インターネットバンキングとはインターネット上で金融機関の取引を行う決済サービスのことで、インターネット環境さえあれば家にいながら通販などの決済ができるというものです。多くの場合インターネット上で銀行など金融機関のホームページにアクセスし、パスワードや金額などを入力することで自分の口座から支払を行うことになります。(例:インターネット専業銀行の基礎知識

売買の決済にインターネットを行うのは、インターネットの高速かつどこででも接続できるというメリットを売買にも取り入れられるということです。そのため従来の取引のようにいちいち店頭で支払いを行うといった面倒がなく、インターネット通信販売の普及といった面でも多くのメリットがあります。そのため現在では多くの業界や企業がインターネットバンキングを取り入れており、とくにインターネットを中心に販売を行う企業などの間ではクレジットカードでの支払いと並んで多く利用されています。

インターネットバンキングの利用者の中心は若い層です。というのもインターネットバンキングを利用するにはインターネットバンキングに対応した銀行に口座を持っていなければなりません。さらに手数料の関係などもあって、比較的新しい銀行を利用している若い層に利用が偏りやすいのです。そもそもインターネットでの買い物の利用層の多くが若者であり、インターネットバンキングに抵抗感がないのも若者という傾向にあるのです。